人相で仕事運を占ってもらって未来を開く

キツイ顔をしていると言われることが多いのですが、自分ではその自覚が皆無です。最近では初対面の人から怖がられているようにも感じたので、運勢に悪い影響を及ぼしていないか心配になりました。たしかに鏡を見てみると、鋭い目つきをしているような気はします。
しかし、それが運勢とどのように結び付くのかまでは判断できないので、リーズナブルな鑑定費用が売りの占い師に人相を見てもらいました。占い師の先生からは、私がアスリートもしくは経営者であると勘違いされてしまいました。そのようなことはなく、一般的なサラリーマンです。先生の目から見ても、私の顔はキツく見えてしまうようでした。
肝心の占いの結果は、個人プレーができる仕事に取り組むと未来が明るく開けると言われました。とりあえずは、一人で黙々と作業ができる副業を始めてみました。たしかに個人プレーが重視される仕事は性に合っているような気がするので、人相と運勢は関連性があるのだと感じています。

占いとのつきあい方

占いと聞くと、どのようなことを思い浮かべられるでしょうか?
オカルト的な、眉唾ものだ、胡散臭いと思われる方も多いでしょう。しかし、血液型占い、十二星座占いなどをテレビでやっていれば、ついつい見入ってしまう方も多いはず。
では、いっそのこと占いを現実での生活にも少し取り入れてみませんか?
人間は、暗示にとても弱い生き物です。あなたは頭がいいと言われればそんな気分になります。期待を裏切るまいと、より一層勉強に励むかもしれません。つまり、褒め言葉というのは私たちにとってとても大切なものなのです。
占いにもいろいろありますし、同じ占いでも、占い師さんによって内容だけではなく言い方も随分と変わってくるでしょう。
言い方ひとつで物事の捉え方というのは変わります。
ですから、ポジティブな言い方、自分の長所を褒めてくれるような言い方をしてくれる占い師さんを見つけたら、ぜひともその人の言葉をよく味わってみてください。実際にお金を払って占ってもらわなくても、十二星座占いを公表している占い師さんもよくいます。
また、毎日代わり映えのない生活を送っておられる方は、週ごとの占いを活用するのもおすすめです。
週ごとの占いは気をつけることやどんな週になるかを教えてくれますから、それがあっているかあっていないかに関係なく、今週はこんな風に生活しよう、と占いを踏まえることによってメリハリつけた生活を送ることができるはずです。

占いにそっと背中を押してもらいました

小さいころから星占いが好きで、マイバースデイという占い雑誌を買ってホロスコープを作って眺めたりしていました。
星の位置で世界の流れが変わる、そんな神秘的な世界に惹かれるものを感じていました。

電話占いなども大好きな私。
1度だけ占い師さんに見ていただいたことがあります。
結婚という大きな転機を占っていただきました。

自分は見習いなので無料で良い、という占い師さん。
タロット占いの修行中ということで、「結婚したらどうなるか、仕事は辞めていいのかどうか」この2つを中心に見ていただくことになり、どんな結果が出るか少し不安になりつつもワクワクしました。

結果、「結婚しても大丈夫、幸せになれるでしょう」
「仕事も続けて良い。こちらも成功するでしょう」と告げられました。
どんなカードが出たか忘れてしまいましたが、大きな岐路に立たされている時にそっと背中を押してくれる誰かが欲しくなる時があります。

そんな時、占いを頼るのもひとつの手だと思うのです。
最初の一歩を踏み出す為には勇気より口実が必要なのかもしれませんね。