いぼ痔になる原因は、生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)の中に存在しているものです。 ・排便時のいきみ過ぎ ・アルコールや甘いものの摂取過剰 ・冷え性 この三つが主にあげられるいぼ痔の原因となるのです。 排便時のいきみ過ぎについては、便秘に悩まされている方に多くみられ、いきみ過ぎることによって、肛門の粘膜に負担がかかります。 いきみ過ぎを改善するには、便秘でもなく下痢(急性のものと慢性のものがありますが、慢性の場合には何らかの疾患が原因となっていることが多いものです)でもないバランスのいい排便サイクルにする事が大切です。 そういった点では、原因のひとつに挙げたアルコールと甘いものの摂取過剰にも通じます。 アルコールや甘いものを摂っていると血行が悪くなると言われており、過剰摂取することで便秘がちになってしまうからです。 しかも、アルコールを過剰に摂取行う人は、多忙なことが多く、運動不足の可能性も高いとされているのです。 運動不足もいぼ痔につながると考えられています。 そして、最後の原因に挙げた冷え性は、内臓が冷えることによって、消化器官の動きが弱くなってしまうためです。 身体を冷やさないように、温買い物を摂取しましょうー